学生の賃貸選び

家賃と立地

学生の皆さん、新生活を迎える準備は終わりましたか? もしくは、そろそろ新しい場所、住まいに移動したいと考えているでしょうか。

筆者もかつて学生の一人であり、学生時代だけでも4回引っ越しをしています。実家から出てきて、間に留学を挟んだため多くなったのですが、仕送りとバイト代の限られた予算の中で気に入った物件を探すのは、中々骨が折れました。

学生の賃貸選びで重要なのは、家賃と立地です。大金持ちの御子息や金の成る木を自分で持っているならば別ですが、学業が本文である学生のうちは、バイト以外の収入はないのが普通です。ですから高級マンションは必要ありません。

そして、うるさすぎる場所の賃貸物件では勉強にも身が入りませんし、治安が悪い場所でも同じく。また学校から遠すぎでも、通学が大変ですし、近すぎても「たまり部屋」になってしまうかもしれません。

それなりに安く、うるさ過ぎず、学校に通うのに便利な物件。それが学生に必要な賃貸物件なのです。

実際に見て比較する

さて。賃貸探しのコツは、いかに効率よく多くの物件を回り、実際に見て比較するかです。図面で見る物件と実際に見る物件との差は大きく、良い物件は内見するチャンスが多ければ多いほど出てくる可能性が高まります。

しかし、特に目当ての物件がない状態で不動産屋へ行くのは、営業をかけられに行っているようなものです。

相手に希望条件を聞かれては、とにかく沢山の物件をその場で調べながら出してきます。その中には「流通物件」と言われる、借り手が見つからない部屋も出てきます。だからいきなり不動産へ行くことは、かえって時間を無駄に過ごすことになるので避けましょう。

最初に必要なのは、理想の条件を検索サイトの項目に合わせて描いていくことです。どの検索サイトでも、条件設定にある項目は似ています。これらの項目に対してのこだわりをセットして、その可能性を見極めましょう。そして、あなたの希望で、どのくらいの賃貸物件が出てくるのかを知りましょう。

学生お勧めの不動産ならマックホーム

東武東上線上には

  • 東洋大学
  • 立教大学
  • 東京国際大学
  • 尚美学園大学
  • 大東文化大学

など数多くの大学があります。

それぞれの学生さんに会ったエリアの不動産を紹介します。

Close Menu